化粧ポーチのカビ取り 中の素材が分からず、控えめでも、このくらい綺麗に落ちる

この記事は約2分で読めます。

母が、クローゼットの奥で見つけたという化粧ポーチなのですが。表面に白い点々があり、どうもカビらしく、それを落とすことに。

これが、そのポーチのカビなのですが。このポーチ、大分前に、化粧品を買った時にもらったものだそうです。

調べたところ、化粧ポーチのカビ取りだと情報が少なく、コートのカビ取りなら近いんじゃないかと思い、それを参考にしました。

やり方は、白いカビについては、表面のカビを払い落し、消毒用エタノールを吹き付け、布でたたきながら、拭きとるというものでした。

感じとしては、消毒用エタノールを濡れるくらい吹き付け、それを乾いた布で拭き取るというものです。カビを払い落とすというのは、カビの表面が盛り上がり、ふわふわした綿ようになっていた場合です。

ポーチの表面は、白っぽくなっているものの、ふわふわしておらず、乾燥した状態です。早速、家にあるという消毒用エタノールを探し、準備することに。

この消毒用エタノール、結構な量があり、我が家では、使いきれないくらいです。毎日使うなら、このくらいでも良さそうですが、カビ取りなどで、たまに使うくらいなら、『スプレー式 消毒用エタノール 100ml』(¥648 税込 ※Amazon 2024/5/21時点)で十分だと思います。

消毒用エタノール、マイクロファイバータオル、キッチンペーパーを用意し、表面に吹き付けては、拭きとるを繰り返したのですが。

表面がびちゃびちゃに濡れるくらいではなく、吹き付けて、よく水を絞ったタオルで軽く拭き、キッチンペーパーでたたくように拭きました。

化粧ポーチの素材が、よく分からないところもあり、濡らし過ぎて傷むと困るため、かなり軽めにしています。

思ったよりも手間がかからず、綺麗に落ちました。これで、一安心と思っていたら、今度は、持ち手の部分が取れ、ここまで来たら、修理せねばとなります。

タイトルとURLをコピーしました