フローリングのワックスがけ これが終わると一安心、白っぽくなると、そろそろ

この記事は約2分で読めます。

年に2回、フローリングのワックスがけをするんですが。今ぐらいの時期に、いつもやってるような気がします。

ワックスが、効いているかいないかは、見たらすぐ分かります。床に、周りが映り込まなくなったり、よく人が歩くところだけ、白っぽく曇った感じになります。こうなると、そろそろかなとなり、面倒と思いつつも、やらなければとなります。

初めて、ワックスを塗った時は、掃除機で大きなゴミを取り除き、フローリングワイパーに洗浄用のシートを付けて、あちらこちらを拭いた後、ワックスがけしていました。

今では、何度もやっていて、誰かが手伝ってくれるわけでもないため、できるだけ簡単に、手短に済ませたく。床の洗浄は、しぼった雑巾を付けて、拭いたりしています。

汚れが綺麗に落ちていなくても、ワックスはがし剤を使い、改めてやることもできるため、とりあえず、フローリングが痛まないようにワックスがけしておけばいいかなとなりました。

リンレイ オール 1リットル ¥708 税込 ※Amazon 2024/5/6時点
リンレイ オールワックスワイパーシート5枚 ¥364 税込 ※Amazon 2024/5/6時点

今回は、足りなくなった床用樹脂ワックス『リンレイ オール 1リットル』とそれを塗るために使うシート『リンレイ オールワックスワイパーシート5枚』を購入しました。この2つだけは、ワックスを塗る度に購入しています。

このワックスのいいところは、乾くのが速く、ニオイも強くないため、扱いやすいところです。私は、部屋の窓を開けずに塗ってます。

部屋には、テーブルがあったり、椅子があったりするため、軽めのものは動かすことになり、ちょっとした大掃除のようなことにもなります。

綺麗に掃除して、塗るだけなら、それほどかからないのですが。家具を動かしたり、乾くまで待ったりもするため、一人で一軒家のワックスがけが終わるまで、5,6時間はかかっています。

ワックスを塗ると周りが映り、光をよく反射するせいか、明るく綺麗です。スリッパで歩くと、滑り止めが効いているのか、歩きやすく。素足で歩けば、表面がワックスでコーティングされ、硬くなっているのが分かります。

これだけ違いがあると、母や兄も喜ぶため、やった甲斐があったなとなります。父は、手入れするという感覚があまりないため、関心がなく、そこまでしなくてもと思ってそうです。

ワックスがけした後、次の日には、変なところが筋肉痛になることも多く。これは、塗りムラを見つけ、完全に乾くのを待っていたら時間もかかるため、手を伸ばして、無理な姿勢でぬったりするからのようです。

暑くなる前に、ワックスがけを終えることができて、一安心という感じです。もう少し、簡単にワックスがけできるといいのですが。

タイトルとURLをコピーしました