値上げから自分でタイヤ交換 短時間で済むよう便利な工具をいろいろ揃え、丁寧にやっても意外と簡単

この記事は約4分で読めます。

ゴールデンウィークの連休中、兄が車のタイヤ交換すると言い出し、それを手伝うことに。これまでは、タイヤ専門店でタイヤ交換していたのですが、値上げしたらしく、8000円弱に。タイヤ交換するだけで、この価格は、高いとなりました。

これが切っ掛けで、タイヤ交換のやり方をYouTubeで調べ、必要な工具をAmazonで揃えても、タイヤ交換を3回すれば、元が取れるとなり、じゃ、自分達でやってみようかとなりました。

タイヤ交換に必要なものは、ジャッキ、トルクレンチなどなのですが。兄は、できるだけ手間がかからないようにと思い、フロアジャッキ、トルクレンチ、インパクトレンチ(電動トルクレンチ)、タイヤ止め(タイヤストッパー)2箱を注文しました。

メルテック 車用 油圧フロアージャッキ 3t FA-31 ¥10,909 税込 ※Amazon 2024/5/12時点

車には、パンタグラフジャッキが付いていたりしますが、兄は、フロアジャッキを使い、前輪や後輪を一気に上げて、一度に、2つのタイヤを交換したいらしく。

Seesii インパクトレンチ 電動 4.0Ahバッテリー一個付き ¥12,800 税込 ※Amazon 2024/5/12時点

タイヤを固定するホイールナットを簡単に取り外すため、電動トルクレンチも用意しました。これがあれば、ブーンと一瞬でホイールナットが外れます。

角利(KAKURI) トルクレンチセット ¥3,852 税込 ※Amazon 2024/5/12時点

『トルクレンチ』は、タイヤ交換では、欠かせないものらしく。ホイールナットは、強く締めればいいというものではなく、決められた強さで締める必要があり、そのための工具です。

エーモン(amon) タイヤストッパー 車止め 8836 ¥982 税込 ※Amazon 2024/5/12時点

最後は、ジャッキで車体を上げた時に、動かないようにするための『タイヤ止め』です。フロアジャッキの場合、後ろか前を一気に持ち上げるため、場所によっては少し前や後ろに動くため、これがあれば安心です。

最初に調べたのが、フロアジャッキで車のどこを持ち上げるかです。車を持ち上げる時に、フロアジャッキの上に上がる部分に車の重さがかかるため、変なところで持ち上げると、車体の重さでへこんだり、車を傷めます。

ネットで調べても、車種により違うため、どこに当てて持ち上げるかは、なかなか出てきません。これは、車の説明書に、ちゃんと書いてありました。付属のパンタグラフでの持ち上げ方が先にあり、読み進めていくと、フロアジャッキの場所も、ちゃんと記載がありました。

パンタグラフジャッキは、くるくる回して、車体を持ち上げるのですが。フロアジャッキは、油圧式で上下に棒を動かすだけで、簡単に持ち上がりました。

持ち上げる前に、外すタイヤを少し緩めます。その後、ジャッキでタイヤが浮くくらい持ち上がった状態で、ホイールナットを完全に緩めて、タイヤを外します。電動トルクレンチを使えば、秒でホイールナットが取れます。

これは、エンジンやモーターの動力を伝える駆動輪は、浮いた状態でも、タイヤが回転せず、ホイールナットを普通に外せるのですが。駆動輪じゃない方は、ホイールナットを外そうと力を入れると、タイヤが動きます。だから、地面についた状態で、少し緩めてという話になるんだと思います。

タイヤを取り付ける時に、注意が必要なのが、タイヤによっては、回転する方向が決まっていることです。回転する方向は、タイヤの側面などに矢印があり、それで分かります。

あとは、交換するタイヤをはめ込んで、ホイールナットを締めるのですが。最初に、電動トルクレンチを使い、弱で締め。その後、締め付ける力を設定したトルクレンチで締めます。

締め付ける力の目安は、一般的に普通乗用車では90~110N・m、軽自動車では70~90N・mと言われています。回転させながら、目盛りに合わせて使うため、結構、細かく設定できます。タイヤ交換後、50~100km走行したら、増し締めして、完了です。

注意するところは、いくつかあるものの、一度やれば、簡単に覚えられそうだと感じました。

タイヤ交換は、雪が多い地域でやることと思われそうですが。路面が凍った状態になると夏タイヤは滑るため、我が家では、冬は冬タイヤに交換しています。

夏タイヤから冬タイヤは、路面が凍る前に行わなければとなり、間に合うようにやるのですが。冬タイヤから夏タイヤへの交換は、差し迫ったことがなく、タイヤには悪いのですが、交換時期が、いつも遅くなり、今回は、ゴールデンウィークになりました。

今は、便利な道具が、簡単に手に入る時代です。自分でやると知識も身に付き、費用も抑えられて、いいものだなと改めて感じました。

タイトルとURLをコピーしました